ニットリビア・バックナンバー

第11回・人工的に作られる繊維ってどんなもの?


前回までは、動物の毛や植物の繊維などといった天然素材についてお話ししてまいりましたが、今回からは、我々人間が生み出した繊維素材について、数回に分けてお話ししていきたいと思います。

第5回目の繰り返しになりますが、繊維の歴史は、産業革命の興った19世紀に大きな節目を迎えました。植物素材などを原料に、化学的な方法を用いて繊維となる物質を抽出し、レーヨンが作り出されたのです。
これまで天然素材をそのまま使い続けてきた人間にとって、非常に画期的なものでした。それは、繊維を作る術(すべ)を獲得した瞬間でもありました。
やがて、レーヨン以上に化学的な方法で繊維を作り出す技術も生み出され、20世紀に入った1936年には、鉱物資源だけを用いてナイロンが作られました

このような科学技術の進歩によって、今日さまざまな素材が作り出されているわけですが、それらを総称して、「化学繊維」「人造繊維」などと呼ばれています。これらは、原材料や製造方法によって、大きく次の3つに分けられます。

1)再生繊維レーヨンなど)
木材パルプ、綿花の種子に付着しているごく短い毛(リンター)などを原料に、化学的な方法で繊維となる物質を抽出して作られます。
2)半合成繊維アセテートなど)
原料こそ1)で述べた素材が使われますが、再生繊維よりもさらに化学的な方法で作られます。
3)合成繊維
生物を使用せず、鉱物資源だけで化学的に作られる繊維です。代表格は、「ナイロン」「ポリエステル」「アクリル」などです。
鉱物資源を使って作られるため、天然素材のように収穫高に左右されず、安定して作り出せるのが特徴です。
合成繊維は一般的に、吸水性に乏しい、生分解されにくいなどの性質がありますが、最近は筒状で断面に無数の細かい孔を開けたり、断面の形を工夫したりして、繊維自体に吸水性や生分解性などの機能が施された繊維も出てきています

このように、我々人間が創り出す化学繊維は、科学技術の進歩と共に、さらなる可能性を求めて日夜改良が施されているのです。

次回は、化学繊維の先駆けとなった「レーヨン」についてお話ししていきたいと思います。

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ニットガーデンから、とっておきの情報を随時配信してまいります。
購読ご希望の方はこちらからメールアドレスの登録をお願い致します。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ