ニットリビア・バックナンバー

第28回・染色に使用する機械には何があるの?その1


24回目からお話ししております染色編ですが、今回は染色で使用する機械についてスポットを当ててみたいと思います。

現在のような大量生産が行われる前は、すべて人の手で、なおかつ天然の素材を使って染色していましたが、現在の時代にこれを行っていては膨大な人手がかかり、その分人にかかるコストもかかります。さらに染色工程はさまざまな染料や化学薬品、さらに生地を乾燥させるため熱も大量に使用するので、これらが身体に付着する(当たる)と、色素が染み付いたり、中毒症状ややけどなどを起こしたりしてたいへん危険です。生産工程の機械化は、今後お話しするどの工程にも(もちろん糸作りや編み・織りにも)当てはまるわけで、当然のことながらそれぞれに対応する機械が造られてきたわけです。
話を戻しまして、染色の工程で使われる機械には、段階ごとに次のものがあります。なお実際の機械の選定は、染色させる素材の性質はもちろん、水を含む原材料やエネルギーをどれだけ効率よく使うか、そして品質上どのような問題点があるかなどを考慮して決められます。

1.先染め用
第24回でも触れましたが、先染めは繊維から糸になるまでの状態で行われるもので、段階に沿って「ばら毛染め」「トップ染め(トウ染色)」「糸染め」があります。
先染めの場合は、洗濯機のように、孔を開けた容器(キャリヤー)に繊維や糸を詰め込み、そこへ染料を含む液体(以下染色液)を循環させて染色する「パッケージ方式」が主に使われます。「トップ染め」の場合は、繊維がこま状に整えられているので専用の棒が必要ですが、それ以外は概ね共通の機械が用いられ、これを「パッケージ染色機」と呼びます。
一方、糸染めの内「綛(かせ)染め」については、染色させる素材に応じて、染色液の入った容器に棹にかけられた綛糸を入れ、液体を循環させながら染色する「回転バック」、綛糸のかかった孔の開いた回転軸から染色液を噴射させ、綛糸づたいに液を循環させつつ、染めムラ防止のために糸も動かしながら染色する「噴射式綛糸染色機」が用いられます。

2.後染め(無地染め)用
生地を同じ色で染色する方法です。ここでは品質面に加えて、加工する量や製造コスト・納期などの生産上の問題を考慮して、バッチ(連続式でない)染色機・半連続染色機・連続染色機のいずれかが選定されます。
1)バッチ染色機
一定量の染色させる生地と染色液を入れて、生地または染色液の一方、もしくは両方を動かしながら染色を行う機械です。ロープ状につないだ生地を染色液の中に送り込み、循環移動させながら染色する「ウィンス染色機」、染色液中で生地を巻き取りながら染色する節水省エネルギータイプの「ジッガ染色機」、生地を巻き付けた孔開きの円筒を取り付けて染色液を循環させながら染色する「ビーム染色機」、生地や染色液を高速で循環させながら染色させる「液流染色機」などがあります。
2)連続染色機
生地の投入から取り出しまでの工程を自動かつ連続的に行う機械で、大量生産に向いています。主なものとして、染色を行う機械と水蒸気をあてて後処理を行う機械からなる「パッドスチーム染色機」、生地に染色液をしみ込ませて乾燥させた後、加熱させて仕上げる「サーモゾル染色機」があります。
ちなみに「パッド」とは、染色液または助剤などの薬品に浸けた生地をローラーで絞りながら染料や薬品をしみ込ませる工程を指します。
3)半連続染色機
染料やその他の薬品をしみ込ませる段階まで連続、後処理と発色を非連続で行う染色機です。代表格としては、反応染料を含む染色液をしみ込ませた生地を巻き取ってフィルムで覆い、室温で放置して固定させる「パッドバッチ方式」があります。節水かつ省エネルギータイプで、染料や薬品を均一に浸透でき、装置も少なくて済むため、多品種少量生産に向いています。

ここまで浸染用の染色機についてお話ししてまいりました。プリント(捺染)用の染色機も様々な種類がありますが、こちらは次回に譲らせていただきます。

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ニットガーデンから、とっておきの情報を随時配信してまいります。
購読ご希望の方はこちらからメールアドレスの登録をお願い致します。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ