ニットリビア・バックナンバー

第33回・衣類のデザインって何?


前回までに、繊維の素材から糸と生地ができるまでの工程についてお話ししてまいりました。今回から章を改めまして、生地や糸といった素材からどのように衣類が作られていくかをお話ししてまいります。今回は、衣類のデザインの基本的な事柄についてお話ししたいと思います。

あたり前の話ですが、人類には全身を覆う体毛を持っておらず、それ故気温や湿度などの気候の変化に対応できないため、衣類がなければ人類は生き延びることができません。また、その地域の気候もまちまちで、さらにその地域の風土に基づく生活様式はもちろん、歴史文化社会情勢なども大きく異なります。そのため、これらの要素を抜きにして衣類をデザインすることは不可能と言っても過言ではありません。
色もまた、温度感や季節感・清潔感など視覚的イメージを強く引き立てるので、色の選定も十分注意しなければなりません。ちなみに、例年流行色(トレンドカラー)が発表されますが、これは実際の販売シーズンに入る2年前から、「国際流行色委員会」という機関によって「インターカラー」と呼ばれる色が選定され、その半年後には「日本流行色協会(JAFCA)」という機関にて、消費者が選ばれる色や生活のトレンド(傾向)も考慮に入れて選ばれ、発表されます。発表される流行色は、衣類のデザインを決める上でも大きな影響力を持っています。

しかし衣類をデザインする上で必要なのは、こうした絶対的なものだけではありません。次に述べる背景も、衣類の付加価値を決める要素としてますます無視できなくなっています。
現在は地球規模で資本主義が浸透して工業化も進み、中国・東南アジアを中心に衣類を始めとする工業製品が大量に生産されています。また、IT革命が叫ばれて久しいですが、急速かつ劇的に情報化が発達しており、日夜さまざまな情報が素早くかつ多種多様に発信されています。反面、昨今の地球環境保全の機運の高まりで、より環境負荷をかけない素材や再利用しやすいデザインなど、環境への配慮も要求されつつあります。
現在のように著しく文明や経済が発展・成熟していくと、着心地や機能性・価格からファッションに至るまで、衣類に対する要求が多岐に及びます。こうした要求は新素材の開発や生地の特殊加工で対応することもありますが、根本的にはやはり衣類自体のデザインが重要となってきます。

長くなりましたが、衣類をデザインする際は、衣類自身に要求される機能や地域背景・地域事情などを視野に入れることはもとより、流行に沿っている、価格が手頃など、エンドユーザーである我々消費者の要望も考慮に入れる必要があります。その上で、適正な生産数サイズバランスなどを考慮に入れるなど、生産上の都合も含めて総合的に考慮することが肝要になります。

次回は、衣類のデザインがどのように構築されていくかについてお話ししたいと思います。

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ニットガーデンから、とっておきの情報を随時配信してまいります。
購読ご希望の方はこちらからメールアドレスの登録をお願い致します。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ